ベルニナ急行の車掌「のぞみ」

スイス初の鉄道マスコットキャラクター

クールジャパンがスイスアルプスに登場

日本を旅すると、カラフルなマスコットキャラクターが必ず目につきます。アニメや漫画から抜け出したこれらのマスコットキャラクターは、ますます人気が高まる日本のポップカルチャーの中でも、数十年前から大きな存在感を保ち続けています。また、鉄道会社や観光地、あるいは町の「看板」ともなって、日本の日常にすっかり溶け込んでいます。その人気に注目する地域観光協会も少なくありません。正しい戦略を使うことで、この「小さな大使」はソーシャルメディアの頼もしいコミュニケーションツールとしても活躍してくれます。

レーティッシュ鉄道が協力し、大成功を収めたイベント(ダボスの日本カルチャーイベント)を通じて当社はこのトレンドに着眼し、鉄道会社としてヨーロッパで初めてマスコットキャラクターを公式に採用することになりました。異文化間を結ぶこのハイライトは、さまざまなアクティビティを通じてご乗車のみなさまに親しんでいただけることでしょう。スイスでデビューした日本発の鉄道マスコットキャラクター。「日出ずる国」日本の日常が今、スイスアルプスでも体験できるようになりました。

「のぞみ」の自己紹介

「アレグラ! レーティッシュ鉄道の公式ウェブサイトへようこそ。みなさんに私のことをもっと知っていただきたいので、ここで自己紹介をさせてくださいね。私の名前は’のぞみ’ 。希望という意味の、のぞみです。素敵な名前でしょ?新幹線にも使われていますよね。大学を卒業して、サンモリッツへやってきたのが2017年4月。スイスアルプスに暮らしながら、観光業界でバラエティに富んだ仕事をするのが小さいときからの夢でした。そして、偶然にも、レーティッシュ鉄道がベルニナ特急で乗務する語学堪能な車掌を募集していると耳にしたのです。グラウビュンデン州をもっとよく知ることもでき、私にとっては理想的なチャンスでした。スイス初の日本人車掌が生まれたことで、日本とスイスの関係がより密接になれば、こんなにうれしいことはありません。私を歓迎してくれたレーティッシュ鉄道にも大感謝です。非乗務のときは、サンモリッツ駅の切符売り場ホールにいます。みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね!」

「のぞみ」のツィート

’のぞみ’のアクティビティをTwitterでフォローしよう。公式ハッシュタグ: #スイス鉄道キャラ

商品

鉄道マスコットキャラクター「のぞみ」は、素敵なキーホルダーにもなっています。みなさまとの旅を今から楽しみにしているのぞみをどうぞよろしく!